光回線のおすすめランキングまとめ|工事が早い、マンションや戸建てで月額の料金が安い、速度が速いなど|NURO光やauひかり、ソフトバンク光にドコモ光などの口コミや評判と比較

光回線のおすすめを3選をまとめました。

①:ドコモ光

メリット

ユーザーの速度実測値が公開
工事費がキャンペーンで無料

デメリット

月額は最安級ではない
キャッシュバックの条件がやや複雑

回線名 ドコモ光(GMO)
通常下り最大速度 1Gbps
マンション月額(税込) 4,400円
戸建て月額(税込) 5,720円
初回事務手数料 3,300円
工事費 キャンペーンで無料
(通常16,500〜19,800円)
契約期間 2年
違約金(税込) 8,800円 (マンション)
14,300円 (戸建て)
工事費残債 なし
開通までのWiFiレンタル 最大3ヶ月無料
開通までの期間の目安 2週〜1ヶ月程度
代理店公式サイト https://gmobb.jp/lp/docomohikari/

サイトで実測値を公開しているので速度面で安心
工事費がキャンペーンで無料なのでお得
キャッシュバックの条件がやや厳しいが、これをもらえなくてもドコモユーザーであればメリットが多い

詳細ページを見る公式ページを見る

②:ソフトバンク光

メリット

開通までの工事が早い
月額が安い

デメリット

工事費が実費でかかる
速度が遅いという口コミも

回線名 ソフトバンク光 (N’sカンパニー)
通常下り最大速度 1Gbps
マンション月額(税込) 4,180円
戸建て月額(税込) 5,720円
初回事務手数料 3,300円
工事費 0〜26,400円
契約期間 2年
違約金(税込) 10,450円
工事費残債 なし
開通までのWiFiレンタル 最大180日無料 (ソフトバンクエアー)
開通までの期間の目安 2週間程度
代理店公式サイト https://ns-softbank-hikari.com/

月額が安い、違約金も安い
開通までが比較的早い
速度が遅いという口コミもあるが、代理店の特典のルーターでIPv6を設定することである程度解消できる

詳細ページを見る公式ページを見る

③:NURO光

メリット

速度が普通の2倍の2Gbps
キャッシュバックが高額

デメリット

開通するまでが長い
契約期間内の解約は工事費発生

回線名 NURO光
通常下り最大速度 2Gbps
月額(税込)
戸建て・マンション共通
5,200円 (3年契約)
5,700円 (2年契約)
初回事務手数料 3,300円
工事費 実質無料
(44,000円を24〜36ヶ月目まで月度で割引)
契約期間 2〜3年
違約金(税込) 10,450円
工事費残債 契約期間内の解約で最大44,000円
開通までのWiFiレンタル 有料 980円〜
開通までの期間の目安 2〜3ヶ月程度
公式サイト https://www.nuro.jp/hikari/pr/

とにかく速度が速い
契約期間内の解約は工事費残債も請求されるので注意
開通までに時間がかかる、利用地域が広くない等のデメリットもあるが、これらの条件が飲めるならかなり良い回線

詳細ページを見る公式ページを見る

その他の人気の光回線

回線名 月額(税込)の例 特徴
auひかり 4,180円 (マンションV)
5,390円〜 (戸建て)
auユーザーでお得だが、料金プランがやや複雑、戸建ては撤去費用もかかる点に注意
So-net光 4,928円 (マンション)
6,138円 (戸建て)
こちらも知名度の高い回線。月額がやや高め。

おすすめ3選の比較

ドコモ光 ソフトバンク光 NURO光
通常下り最大速度 1Gbps 1Gbps 2Gbps
マンション月額(税込) 4,400円 4,180円 5,200〜
5,700円
戸建て月額(税込) 5,720円 5,720円
初回事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円
工事費 キャンペーンで無料 0〜26,400円 実質無料
契約期間 2年 2年 2〜3年
違約金(税込) 8,800円 (マンション)
14,300円 (戸建て)
10,450円 10,450円
工事費残債 なし なし 契約期間内
(最大44,000円)
開通までのWiFiレンタル 3ヶ月まで無料 180日まで無料 有料
開通までの期間の目安 2週〜1ヶ月程度 2週間程度 2〜3ヶ月程度

ドコモユーザーであれば最もおすすめしたいのがドコモ光です。

工事費が無料であり、もし2年以内に解約してもかかるのが解約金だけなのでリスクが少ない光回線です。

ドコモ光の速度面は大丈夫?

GMOの申込ページを見ると実際のユーザーの実測値を見ることができ、比較的安定した速度が出ていることがわかります。

このように実測値を公開している回線は多くないため、ドコモ光は速度面の心配が少ないと言えます。

ドコモユーザー以外であれば解約時の負担が少ないソフトバンク光や速度が速いNURO光がおすすめとなります。

なお、毎年9月は転勤や異動が決まる時期であり、光回線の注文が急激に増えてくる期間となります。

今年はコロナ禍の自宅時間増加もあるため、早いうちに工事日の確保をしておくのがおすすめです。

\今なら工事費が無料/ドコモ光
申込みページを見る

※解約時の負担は違約金円8,800〜14,300円、2年毎の更新月は無料となります。


スポンサーリンク